カテゴリー: Uncategorized

セサミンと呼ばれるものは…。

生活習慣病に陥らない為には、適正な生活を心掛け、程良い運動を毎日行うことが重要になります。飲酒やたばこも極力控えた方が賢明です。
グルコサミンに関しましては、軟骨を形成するための原材料になる他、軟骨の代謝を活性化させて軟骨の正常化を可能にしたり、炎症を緩和する作用があると聞かされました。
セサミンと呼ばれるものは、ゴマに含有されている栄養成分ですが、1粒の中にたった1%未満しかないので、満足のいく効果を手にしたいとおっしゃるなら、ゴマを食べる以外にサプリの利用が必須でしょう。
中性脂肪を落とすつもりなら、一際大切になるのが食事の取り方だと言っていいでしょう。どんな物をどのように食べるのかによって、中性脂肪の溜まり具合は思っている以上に抑えることが可能です。
ゴマを構成している成分とされているゴマリグナンの中に存在する栄養素がセサミンというわけです。このセサミンと申しますのは、身体全ての組織にて生まれてしまう活性酸素の量を抑制する効果があることで有名です。

DHA、EPA双方が、中性脂肪であったりコレステロールを下げるのに有効ですが、コレステロールに対しましてはDHAの方が、中性脂肪に対しましてはEPAの方が役立つと考えられています。
サプリメントを買いたい気持ちも理解できますが、その前に日頃の食生活を改めるべきではないでしょうか?サプリメントで栄養を賢く補填していれば、食事はそれなりで良いなどと思っている人はいないでしょうか?
コンドロイチンは、人の角膜とか皮膚などを形成している成分の1つでもありますが、殊にたくさん内在するというのが軟骨だそうです。軟骨を形作っている成分の30%超がコンドロイチンだと指摘されています。
長期に亘ってなされてきた良くない生活習慣のせいで、生活習慣病は発症します。その事から、生活習慣を改善すれば、発症を抑え込むことも無理ではない病気だと言えるわけです。
コレステロールというものは、生命存続に欠かすことができない脂質に違いありませんが、増え過ぎますと血管壁に堆積し、動脈硬化に結び付くことが想定されます。

一個の錠剤中に、ビタミンをいろいろと盛り込んだものをマルチビタミンと呼ぶのですが、色んなビタミンを手っ取り早く補給することが可能だと喜ばれています。
テンポ良く歩を進めるためには、絶対要される成分であるグルコサミンは、人が生まれた時には人間の身体内に多量にあるのですが、年齢を重ねれば減少していくものなので、頑張ってサプリなどにより補填することが不可欠です。
あなたが考えている以上の人が、生活習慣病が元で亡くなっているのです。簡単に発症する病気だというのに、症状が表出しないために医師に診てもらうというような事もなく、深刻化させている人が多いと聞いております。
コレステロールを減少させるには、食事を見直したりサプリを用いる等の方法があると言われていますが、現実にすんなりとコレステロールを減少させるには、どういった方法が良いと思いますか?
人々の健康保持・増進に欠かすことができない必須脂肪酸とされるDHAとEPA。この2種類の健康成分を沢山含有している青魚を一日一回食することが大切なのですが、食の欧米化が災いして、魚を口にする機会が確実に少なくなってきています。

Categories: Uncategorized

生活習慣病に関しましては…。

中性脂肪を落とす為には、食事内容を改良することが最重要ですが、プラスして継続可能な運動を実施すると、より効果を得ることができます。
病院とかクリニックなどで頻繁に聞くことがある「コレステロール」は、成人の男女なら誰しも気になる名だと言って間違いないでしょう。状況によりけりですが、命にかかわることも十分あるので注意すべきです。
マルチビタミンはもとより、サプリメントも服用しているなら、双方の栄養素の含有量を確かめて、むやみに摂ることがないようにするべきです。
コレステロールについては、人間が生き続けていくために間違いなく必要な脂質ではありますが、溜まり過ぎると血管壁に堆積する形となり、動脈硬化に繋がります。
生活習慣病に関しましては、過去には加齢が原因だと考えられて「成人病」と命名されていたのです。だけども生活習慣がよくない場合、20歳にも満たない子でも症状が出てくることがわかり、平成8年に病名が改定されたのです。

青魚はそのままの状態でというよりも、アレンジして食べる人の方が主流派だと思っていますが、残念ではありますが料理などするとDHAとかEPAを含む脂肪が魚の外に出てしまい、摂取することができる量が僅かなものになってしまうのです。
加齢と共に、身体の中で作ることが難しくなるとされるグルコサミンは、カニ又はエビの殻に潤沢に内包されているアミノ糖のひとつで、毎日の食事だけでは摂取しづらい成分だとされています。
食事内容が決して褒められるものではないと感じている人や、もっと健康体になりたいとお思いの方は、第一に栄養バランスが考慮されたマルチビタミンの補給を優先したほうが賢明です。
滑らかな動きにつきましては、体の関節部分にある軟骨が緩衝材の役割を担ってくれることによって為されているのです。ですが、この軟骨の一素材であるグルコサミンは、年を取るにつれて減少してしまいます。
ずいぶん昔より健康増進になくてはならない食材として、食事の時に摂られてきたゴマですが、今日そのゴマに含まれているセサミンに熱い視線が注がれています。

一個の錠剤中に、ビタミンをいくつか詰め込んだものをマルチビタミンと称しますが、諸々のビタミンを気軽に補うことができるということで、非常に重宝されています。
ビフィズス菌が腸内で増殖中の悪玉菌の活動を抑止することにより、全組織の免疫力をアップすることが期待でき、それにより花粉症を筆頭とするアレルギーを楽にすることもできます。
セサミンには血糖値を抑制する効果や、肝機能を良くする効果などを望むことができ、栄養補助食品に採用される栄養成分として、近頃人気抜群です。
ゴマを構成する成分であるゴマリグナンの中に入っている素材がセサミンというわけです。このセサミンというのは、身体の至る所で生じてしまう活性酸素を減らす効果があると評判です。
長い期間に亘るよろしくない生活習慣が原因で、生活習慣病に見舞われることになります。その事から、生活習慣を見直せば、発症を抑え込むことも望める病気だと考えられるのです。

Categories: Uncategorized

マルチビタミンと言いますのは…。

マルチビタミンと言いますのは、幾つかのビタミンを配合したサプリメントなのです。ビタミンというものは数種類を、配分バランスを考えて同じ時間帯に体内に摂り込むと、尚更効果が望めるのだそうです。
本質的には、生命を維持するために必要とされる成分だと指摘されているのですが、自分が欲するだけ食べ物を口に入れることができる現代は、当然の結果として中性脂肪が蓄積された状態になってしまうのです。
コエンザイムQ10に関しましては、傷を負った細胞を修復し、皮膚をツルツルにしてくれる美容成分なのです。食品を通して身体の中に入れることは容易くはなく、サプリメントで補給しなければなりません。
コエンザイムQ10については、生まれながらに私たちの身体の中に備わっている成分のひとつなので、安全性の面でも安心ですし、身体が不調になるといった副作用も総じてないのです。
体の血管壁に付着したコレステロールを肝臓に運ぶ役割をするHDL(善玉)と、肝臓に蓄えられているコレステロールを体内の至る所にばら撒く役目をするLDL(悪玉)があるのです。

フットワークの良い動きというのは、関節にある軟骨がクッションとなって機能してくれることにより実現できるのです。にも関わらず、この軟骨の一素材であるグルコサミンは、年を取れば取るほど減少することが明らかになっています。
「中性脂肪を落とすサプリメントが現実問題としてあるのか?」などと疑ってしまうのも当たり前かと思いますが、実は病院においても研究が実施されており、効果が明らかになっているものも見受けられるとのことです。
血中コレステロール値が正常値を超えると、種々の病気に襲われることも想定されます。とは言うものの、コレステロールが欠かすことができない脂質成分だということも確かなのです。
従来より健康に効果がある食物として、食事の時に食卓に並べられることが多かったゴマではありますが、このところそのゴマの含有成分であるセサミンが注目の的となっているようです。
セサミンには血糖値を低下させる効果とか、肝機能を良くする効果などがあるとのことで、健康食品に盛り込まれている栄養成分として、最近高評価を得ていると聞いています。

コンドロイチンと言いますのは、ギリシア語の「軟骨」が語源で、柔軟性や水分をできるだけ保つ作用をしてくれ、全身の関節が障害なく動くようにサポートしてくれるのです。
セサミンには、各組織で生まれてしまう活性酸素であったり有害物質をなくしたりして、酸化を阻む作用がありますから、生活習慣病などの予防あるいは老化阻止などにも有効です。
コンドロイチンと称されているのは、関節の機能性を向上させるために必要な軟骨の中に存在する一成分です。関節に存在する骨同士のぶつかり防止とか衝撃を緩和するなどの欠くことができない役目を持っているのです。
ゴマを構成している成分とされているゴマリグナンに内在する栄養素材がセサミンというわけです。このセサミンは、体内にて作られる活性酸素の量を抑え込む効果が期待できます。
糖尿病又はがんみたいな生活習慣病による死亡者数は、全体の60%くらいになっており、高齢化が急速に進んでいる日本国におきましては、生活習慣病対策を実施することはご自分の健康を維持し続ける為にも、とても重要だと思います。

Categories: Uncategorized

身体内部にあるコンドロイチンは…。

日常的に時間に追われている人にとっては、食事により人間が生きていく上で要するビタミンなどを賄うのは困難だと言えますが、マルチビタミンを服用すれば、身体に取って欠かせない栄養素を容易に賄うことが出来るのです。
グルコサミンは、本来の働きができなくなった関節軟骨を元の状態に近付けるのみならず、骨を形成する役目の軟骨芽細胞自体の機能性を向上させて、軟骨を強くする作用もあると言われます。
「便秘が続いているので肌がかさついている!」とおっしゃる人も結構いますが、これについては悪玉菌が原因だと想定されます。そのため、悪玉菌の働きを弱めるビフィズス菌を摂取するようにすれば、肌荒れも自然と治ると思います。
リズミカルな動きにつきましては、骨と骨との繋ぎ目にある軟骨が緩衝材の役目を担ってくれることにより維持されているのです。ですが、この軟骨を構成する一成分のグルコサミンは、高齢になればなるほど減ってしまうことが証明されています。
セサミンには肝臓で発生する活性酸素を排除し、肝細胞の機能アップを図る作用があるとされています。しかも、セサミンは消化器官を通過しても分解され消失するようなこともなく、確実に肝臓まで達する非常に稀な成分だと言えます。

コンドロイチンは、私達人間の角膜であったり皮膚などを構成する一成分でもありますが、殊に多く含まれているというのが軟骨になります。人間の軟骨の30%以上がコンドロイチンだということが分かっています。
ビフィズス菌に関しましては、ヨーグルト特集などで目に触れることが多いので、よく「乳酸菌の一種に他ならない」などと聞こえてきますが、はっきり言って乳酸菌とは異なり善玉菌に属するのです。
ゴマの1つの成分であるゴマリグナンに内在する栄養素材がセサミンです。このセサミンというものは、身体全ての組織にて発生する活性酸素の量を抑える効果があると評判です。
「細胞が年を取るとか身体の機能が勢いをなくすなどの主因の一つ」と明言されているのが活性酸素なのですが、セサミンにはこの活性酸素が元で生じてしまう害を封じ込む作用があることが明らかにされているそうです。
主にひざの痛みを抑える成分として耳にしたことがあるであろう「グルコサミン」ですが、「なぜ関節痛に実効性があるのか?」について教示させていただきます。

人体内には、100兆個を軽く超える細菌が存在しているということが明らかになっています。それら夥しい数の細菌の中で、体に有益な作用をしてくれますのが「善玉菌」と言われているもので、その筆頭がビフィズス菌というわけです。
オメガ3脂肪酸と呼ばれているのは、身体を健全化するのに寄与してくれる油の1つだとされていて、悪玉コレステロールの量を低減したり中性脂肪を減少させる働きをするということで、物凄く注目を浴びている成分だと聞いております。
身体内部にあるコンドロイチンは、加齢によって否が応にも少なくなってしまいますその影響で関節の軟骨もかなり薄くなってしまい、膝などに痛みが出てまともに歩けなくなったりするのです。
「階段を下りる時に痛みで苦しむ」など、膝の痛みで辛い目にあっている人の多くは、グルコサミンの量が減少したために、体内部で軟骨を再生することができなくなっていると考えていいでしょう。
コンドロイチンというものは、関節の動きを円滑化するために必要な軟骨の成分のことです。関節に存在する骨頭と骨頭のぶつかり防止とかショックを抑制するなどの必要不可欠な役割を果たしていると言えます。

Categories: Uncategorized

セサミンと呼ばれているのは…。

ビフィズス菌が腸内にある悪玉菌の数を減らすことにより、体内全組織の免疫力をパワーアップさせることが可能で、それにより花粉症を筆頭にアレルギーを鎮めることも十分可能なのです。
生活習慣病の因子であると指摘されているのが、タンパク質等と一体になり「リポタンパク質」と化して血液中を流れているコレステロールです。
中性脂肪を取りたいと思っているなら、何より大切になるのが食事の仕方だと言って間違いありません。どのような食品をいかにして体内に摂り込むのかによって、中性脂肪の増加率は想像以上にコントロールできます。
脂肪細胞の中に、消費し切れなかったエネルギーが貯められたものが中性脂肪というもので、酸性とアルカリ性の両者の性質を持っていることから、こういった名称が付けられたと教えられました。
ビフィズス菌は、強力な殺菌力を持つ酢酸を作り出すということができます。この酢酸が、悪玉菌が増えるのを抑え込むために腸内の環境を酸性の状態にし、健康な腸を保持する役割を担ってくれるのです。

血中コレステロール値が高めだと、色々な病気に罹ることがあり得ます。しかしながら、コレステロールが欠かすことができない脂質成分のひとつだということも事実です。
マルチビタミンと言いますのは、人の体が必要とするビタミン成分を、配分を考慮して1錠に内包させたものなので、良くない食生活を送っている人には好都合のアイテムだと思います。
昨今は、食物に含まれる栄養素であったりビタミンが低減しているということもあって、美容や健康の為に、補完的にサプリメントをのむことが普通になってきました。
「DHA」と「EPA」という物質は、魚の脂肪に含まれている不飽和脂肪酸だとされています。足りない状態になりますと、情報伝達機能に支障が出て、そのせいで気が抜けたりとかうっかりといったことが多発します。
マルチビタミンばかりか、別途サプリメントも飲んでいるなら、全栄養素の含有量をリサーチして、度を越えて摂らないようにした方が賢明です。

コレステロール値が平均値を上回る原因が、単純に揚げ物が食卓に並ぶことが多いからと考えている方も見られますが、そのお考えだと50%のみ正しいということになります。
日頃の食事がアンバランスであると感じている人や、もっと健康になりたいと望んでいる人は、先ずは栄養バランスに秀でたマルチビタミンの補給を優先したほうが賢明です。
セサミンと呼ばれているのは、ゴマに内在する栄養のひとつでありまして、あなたも知っているゴマ一粒に1パーセントしか含まれないと言われる抗酸化物質である「ゴマリグナン」の構成成分の1つです。
糖尿病又はがんみたいな生活習慣病での死亡者数は、全体の死亡者数の大体60%を占めるくらいになっていて、寿命が延びている我が日本においては、生活習慣病予防対策は私たち自身の健康を保持するためにも、とっても重要だと思います。
ここ日本におきましては、平成8年からサプリメントが販売できるようになったと聞かされました。根本的には健食の一種、又は同一のものとして理解されています。

Categories: Uncategorized

生活習慣病に罹らないためには…。

中性脂肪が血液中で一定量を超過すると、動脈硬化を誘引する一つの因子になるとされています。その為、中性脂肪の定期検査は動脈硬化系疾患とは無関係の人生にするためにも、忘れずに受けてほしいですね。
毎年かなりの方が、生活習慣病が元で命を絶たれているのです。誰もが陥る病気だと言われているにもかかわらず、症状が出ないので病院などに罹ることもなく、悪化させている方が多いそうです。
コンドロイチンと呼ばれる物質は、関節の機能性を向上させるために必要な軟骨の中に存在する一成分です。関節に存在する骨端と骨端の衝突防止であったり衝撃を抑えるなどの大事な働きをしている成分なのです。
DHAと申しますのは、記憶力を上げたり心理面での安定感を齎すなど、知力であったり心理面に関する働きをすることが立証されています。その他動体視力改善にも効果的です。
ビフィズス菌につきましては、結構強力な殺菌力を有した酢酸を産出することができるのです。この酢酸が、悪玉菌の増殖をブロックするために腸内の環境を酸性状態に変え、本来の機能を果たしてくれる腸を維持する働きをしてくれているわけです。

ご存知の通り、ビフィズス菌は加齢のせいで少なくなってしまいます。これについては、いくら一定の生活を送り、栄養バランスを加味した食事を食べたとしても、確実に少なくなってしまうものなのです。
ビフィズス菌にとっては住まいでもある大腸は、人間の消化器官の最終の通り道でもあるのです。この大腸で悪玉菌が増えますと、排便は勿論のこと大切な代謝活動が抑止され、便秘に悩むことになってしまうのです。
コンドロイチンとグルコサミンは、両方共に最初から体の中に備わっている成分で、何と言いましても関節を滑らかに動かすためには不可欠な成分だと言えます。
脂肪細胞の中に、消費できなかったエネルギーがストックされたものが中性脂肪と言われているもので、酸性とアルカリ性のどちらの性質も兼ね備えているので、こうした名称が付いたそうです。
体内にある血管の壁に付着しているコレステロールを肝臓に運搬するという役割を担うHDL(善玉)と、肝臓に蓄積されたコレステロールを体の全組織に運ぶ役目を果たすLDL(悪玉)があります。

コレステロールに関しましては、生命存続に必須の脂質ではありますが、過多になりますと血管壁に付着する形となり、動脈硬化に結び付くことが想定されます。
機能の面を考えたらお薬みたいな印象を受けるサプリメントではありますが、日本国内においては食品という位置付けです。そういう理由があるので、医薬品みたいにいろんな制約があるわけでもなく、誰でも作ったり売ったりすることが可能なのです。
生活習慣病に罹らないためには、きちんとした生活を遵守し、程々の運動を周期的に敢行することが必要になります。栄養バランスにも気を配った方が断然いいですね!
コエンザイムQ10というものは、細胞の元となっている成分の一種であり、身体が生命を維持し続ける為には必要不可欠な成分だと言われています。従って、美容面もしくは健康面におきまして色んな効果を期待することができます。
セサミンと称されるのは、ゴマに内包される栄養分のひとつでして、極小のゴマ一粒に1パーセントしか内包されていないと指摘される抗酸化物質である「ゴマリグナン」の構成成分の1つです。

Categories: Uncategorized

コレステロールというものは…。

長い年月に亘るひどい生活習慣により、生活習慣病に見舞われることになります。だから、生活習慣を改善すれば、発症を回避することも困難ではない病気だと考えられます。
EPAとDHAは、両方とも青魚にたっぷりと含まれるオメガ3系の脂肪酸なのです。血液の流れを正常化したり、脳の働きを良くする効果が証明されており、安全性の面でも心配不要の成分なのです。
常日頃口にしている食事が決して良くないと感じている人とか、今よりも健康になりたいと言う人は、一番初めは栄養豊富なマルチビタミンの服用を優先したほうが賢明です。
マルチビタミンに加えて、サプリメントも利用しているとしたら、双方の栄養素の含有量を調査して、極端に摂取することがないようにするべきです。
オメガ3脂肪酸とは、体を正常化するのに役立つ油の1つとされており、悪玉コレステロール値を引き下げたり中性脂肪の量を低減する役目を持つということで、話題をさらっている成分だと聞いています。

古来から健康に役立つ食べ物として、食事の時に食べられてきたゴマなのですが、最近になってそのゴマの構成成分の一種であるセサミンが注目されているのだそうです。
フットワークの良い動きについては、全身の関節に存在する軟骨がクッションの働きをしてくれることにより可能になっているわけです。ですが、この軟骨を構成する素材のひとつであるグルコサミンは、年を取れば少なくなってしまいます。
セサミンにつきましては、美容と健康の両方に実効性のある成分で、この成分を食べ物から摂るというなら、ゴマを食べるといいと思います。セサミンが一番大量に内包されているのがゴマだというのが理由です。
あなたが考えている以上の人が、生活習慣病に冒されて命を絶たれています。誰もが罹患し得る病気だというのに、症状が表出しないために気付くこともできず、ひどい状態に陥っている人が多いようです。
医者に行った時に頻繁に耳にすることがある「コレステロール」は、成人の男女ならどなたも気掛かりになる名前だと言っていいでしょう。場合によっては、生死にかかわることもありますので気を付けてください。

あなたがネットを通じてサプリメントを選ぶ段階で、まったく知識を持ち合わせていなければ、赤の他人の評定や健康情報誌などの情報を参照して決定することになるはずです。
セサミンというものは、ゴマに含まれている栄養の一種でありまして、あのゴマ一粒に1%位しか含有されないという抗酸化物質である「ゴマリグナン」を構成する成分だと教えられました。
コンドロイチンと申しますのは、関節がスムーズに動くためには不可欠な軟骨に含まれる成分です。関節部分の骨端同士の激突防止とか衝撃を少なくするなどの無くてはならない働きをしてくれる成分です。
コレステロールというものは、人が生き続けるために必須とされる脂質だと断言しますが、余分なものは血管壁に蓄積する形となり、動脈硬化を引き起こしてしまいます。
ビフィズス菌が存在している大腸は、人の消化器官の最終の通り道だとも言えます。この大腸で悪玉菌が増えますと、排便を始めとした重要な代謝活動が阻まれる形となり、便秘に見舞われてしまうのです。

Categories: Uncategorized

コンドロイチンと申しますのは…。

コレステロール値が正常範囲をオーバーする原因が、単に脂ものを食べることが多いからとお考えの方も稀ではないようですが、その考えだと2分の1のみ正しいと言っていいでしょう。
EPAとDHAの2者共に、中性脂肪だったりコレステロールの値を低くするのに有効ですが、コレステロールに対してはDHAの方が、中性脂肪に対しましてはEPAの方が効果を齎すとのことです。
あなたが想像している以上の方が、生活習慣病が悪化することで命を絶たれているのです。誰でもなり得る病気だとされているのに、症状が出ないので治療を受けないままのことが多く、ひどい状態に陥っている人が少なくないのです。
毎日毎日多忙な人にとっては、食事により人の身体が要するビタミンだったりミネラルを摂り入れるのは困難だと言えますが、マルチビタミンを利用すれば、大切な栄養素を手際よく摂り込むことが可能なのです。
日本国内では、平成8年よりサプリメントが販売されるようになったわけです。原則的には健康機能食品の一種、または同じものとして規定されています。

コンドロイチンと申しますのは、ギリシア語の「軟骨」という意味で、弾力さだったり水分を保つ役割を担っており、全身の関節が円滑に動くことを可能にしてくれるわけです。
グルコサミンは、厚さがなくなってきた関節軟骨を正常な状態に戻すのは言うまでもなく、骨を生み出す役割を果たしている軟骨芽細胞自体の働きを活性化させて、軟骨を強靭にする作用もあると発表されています。
マルチビタミンには、あらゆるビタミンが含まれているものや、数種類だけ含まれているものなどがあり、それぞれに詰め込まれているビタミンの量も全く異なります。
ビフィズス菌につきましては、ヨーグルトと一緒に話題にされることがほとんどなので、往々にして「乳酸菌の一種に違いない」などと耳に入ってきたりしますが、正しくは乳酸菌などではなく善玉菌の一種なのです。
機能の面を考えたらお薬と何ら変わらない印象のサプリメントなのですが、我が国では食品という位置付けです。それがあるので、医薬品みたいに制約が厳しくなく、どんな人でも開発・販売をすることが可能なのです。

「EPA」と「DHA」と言いますのは、魚の脂肪にある不飽和脂肪酸なのです。足りなくなると、情報伝達に悪影響が出て、その結果何事も上の空になるとかウッカリといった状態に陥ります。
ひとつの錠剤に、ビタミンを数種類詰め込んだものをマルチビタミンと言うのですが、たくさんのビタミンを一気に服用することができるということで、たくさんの人が利用しています。
コンドロイチンというものは、関節の動きを円滑化するために必要な軟骨の成分のことです。関節に存在する骨端と骨端のぶつかり防止やショックを低減するなどの大切な役割を担っているのです。
ビフィズス菌に関しては、かなり強い殺菌力を有する酢酸を生み出すということが可能です。この酢酸が、悪玉菌が増殖するのを阻むために腸内環境を酸性にして、本来の機能を果たしてくれる腸を維持することに役立っているわけです。
実際的には、生きる為に必要不可欠なものだということが分かっているのですが、食べたいだけ食べ物をお腹に入れることができる現代は、不要な中性脂肪が溜め込まれた状態になってしまうのです。

Categories: Uncategorized